FC2ブログ

日亜化学凄い〜

  • 2021/01/17(日) 12:02:42

新型コロナウイルスを死滅」高出力のLED、徳島の企業が開発
yomiDr. / ヨミドクター(読売新聞)

新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真
 発光ダイオード(LED)製造大手「日亜化学工業」(徳島県阿南市)は、新型コロナウイルスを死滅させることができる高出力のLEDを開発した。このLEDを活用した空気清浄機などの新製品開発が期待される。

 同社によると、徳島大の野間口雅子教授(ウイルス学)らと共同で行った実験で、深紫外線と呼ばれる光を30秒照射したところ、99・99%のウイルスが不活化したことを確認した。

 出力が高いほど効果は高く、従来品(55ミリ・ワット)の約1・3倍にあたる出力70ミリ・ワットのLEDを量産化できる体制が整った。約2万時間、照射が可能という。

 県などに寄贈した試作機には、25ミリ・メートル間隔でLEDを配置し、充電式で持ち運ぶことができる。近くでかざすだけで、コロナウイルスを除去でき、アルコール消毒ができない場所などで役立つという。

 鎌田広専務は「エアコンや空気清浄機など多岐にわたる応用が期待でき、メーカーと協力して開発に取り組みたい」と話している。

スポンサーサイト



ザンキ

  • 2021/01/16(土) 20:54:42

本日の夕食のメニューは、高野豆腐と切り昆布の煮物、鯖の塩焼き、鶏のザンキ、ペペロンチーノ、切り干し大根のサラダ、玉子スープです。



16107981620.jpeg

16107981530.jpeg

16107981340.jpeg

16107981260.jpeg

16107981440.jpeg

天ぷらの盛り合わせ

  • 2021/01/15(金) 20:59:16

本日の夕食のメニューは、小松菜の煮浸し、カレイのバターソテー、天ぷらの盛り合わせ、柚子大根、ポテトサラダ、ミネストローネです。



16107983070.jpeg

16107983260.jpeg

16107983160.jpeg

16107983490.jpeg

16107983390.jpeg

老化細胞」死滅させ体の機能改善へ

  • 2021/01/15(金) 14:05:29

「老化細胞」死滅させ体の機能改善へ 東大などのグループ
2021年1月15日 5時09分

シェアする
加齢に伴う体の衰えや病気などの原因の1つとされる「老化細胞」を死滅させることで、体の機能を改善させることに東京大学などのグループがマウスを使った実験で成功したと発表しました。

この研究は東京大学医科学研究所の中西真教授らのグループが、アメリカの科学雑誌「サイエンス」で発表しました。

加齢などにより分裂が止まった細胞は正常に働かなくなって、体の機能の低下や病気を引き起こすとされ「老化細胞」とも呼ばれています。

グループは、この「老化細胞」は「GLS1」というたんぱく質が働かなくなると死滅することを突き止め、年を取ったマウスにこのたんぱく質の働きを止める薬を投与しました。

その結果、実際にマウスの「老化細胞」が死滅し、血糖値の異常や動脈硬化などの症状が改善することが確認できたということです。

マウスがどれだけの時間、棒につかまっていられるかを調べる実験では
▽若いマウスではおよそ200秒で、
▽年を取ったマウスでは30秒程度でしたが、
▽年をとったマウスに薬を投与すると100秒程度まで伸びたということです。

中西教授は「加齢が原因で起こる健康の問題を一網打尽にして、健康な期間を延ばすことができる可能性がある。老化メカニズムは分かっていないことも多いため引き続き研究を進め、ヒトでの実用化を目指したい」と話しています。

おでん鍋

  • 2021/01/14(木) 18:11:34

本日の夕食のメニューは、カリフラワーとキャベツのマリネ、サバの生姜煮、おでん鍋、白和え、フライドポテト、タマゴスープです。



16106170510.jpeg

16106170690.jpeg

16106170350.jpeg

16106170590.jpeg

16106170270.jpeg

和風ハンバーグ

  • 2021/01/13(水) 18:49:44

本日の夕食のメニューは、切り干し大根の煮物、鮭の塩焼き、和風ハンバーグ、じゃこ天と里芋の唐揚げ、もろきゅう、お味噌汁です。



16105961660.jpeg

16105961510.jpeg

16105961300.jpeg

16105961390.jpeg

16105961780.jpeg

スタミナ丼

  • 2021/01/12(火) 22:01:09

本日の夕食のメニューは、ひじきの煮物、サバの塩焼き、スタミナ丼、フライ盛り、温泉卵、お味噌汁です。


16104350930.jpeg

16104350710.jpeg

16104350850.jpeg

16052252790.jpeg

16104350780.jpeg

鶏肉のチリソース炒め

  • 2021/01/11(月) 21:52:58

本日の夕食のメニューは、竹輪とレンコンの煮物、赤魚の生姜煮、鶏肉のチリソース炒め、マカロニサラダ、コーヒーゼリー、コンソメスープです。



16104557760.jpeg

16104557490.jpeg

16104557590.jpeg

16104557680.jpeg

16104557930.jpeg

コロナに日本のリウマチ薬が有効

  • 2021/01/10(日) 00:01:15

日本発のリウマチ薬、コロナ治療に有効…英政府が発表
2021年1月8日 20時36分
読売新聞オンライン

 【ロンドン=広瀬誠】英政府は7日、関節リウマチの治療薬「トシリズマブ」と「サリルマブ」が新型コロナウイルスの治療に有効であると発表した。

 トシリズマブは岸本忠三・元大阪大学長と中外製薬が開発し、「アクテムラ」の商品名で知られる。

 英政府が支援した臨床研究で効果が分かった。集中治療室の患者に対して抗炎症薬「デキサメタゾン」の投与など通常の治療をした場合の死亡率は35・8%だったのに対し、搬送から24時間以内にトシリズマブなども追加で使った場合は27・3%まで低下した。

 この結果、二つの薬を追加で投与した場合に死亡リスクが24%下がると結論づけられ、患者が集中治療室に入る期間も7~10日間短縮できたという。英国では今後、集中治療室に運ばれた患者に対して使用する。

鍋焼き肉うどん

  • 2021/01/08(金) 18:53:03

本日の夕食のメニューは、きんぴら牛蒡、サバの塩焼き、鍋焼き肉うどん、エビのかき揚げ、スナップエンドウ、バナナカップケーキです。



16103585620.jpeg

16103585260.jpeg

16103585490.jpeg

16103585170.jpeg

16103585380.jpeg

16103585760.jpeg

明太子パスタ

  • 2021/01/07(木) 18:23:33

本日の夕食のメニューは、高野豆腐の煮物、白身魚のホイル焼き、明太子パスタ、鶏の照り焼き、麻婆ナス、お味噌汁です。



16100908080.jpeg

16100908270.jpeg

16100907910.jpeg

16100907660.jpeg

16100908170.jpeg

コロッケ定食

  • 2021/01/06(水) 17:30:33

本日の夕食のメニューは、ひじきの煮物、サバの塩焼き、コロッケ盛り合わせ、胡瓜の酢の物、もやしのナムル、お味噌汁です。


16100085900.jpeg

16100086080.jpeg

16100085640.jpeg

16100085560.jpeg

16100085780.jpeg

ビーフシチューハンバーグ

  • 2021/01/05(火) 17:31:53

本日の夕食のメニューは、根菜の煮物、サワラのレモン三杯酢、ビーフシチューハンバーグ、わかめの酢の物、ポテトサラダ、果物、お味噌汁です。



16100086670.jpeg

16100086450.jpeg

16100086790.jpeg

16100086560.jpeg

16100086310.jpeg

16100086210.jpeg

アミノ酸にウイルス増殖抑制効果

  • 2021/01/04(月) 17:50:36

アミノ酸にウイルス増殖抑制効果、臨床研究へ 袋井の製薬工場製造、長崎大が効果確認【新型コロナ】

(2020/11/24 19:30)静岡新聞

5―ALAを製造している工場=11月上旬、袋井市内
5―ALAを製造している工場=11月上旬、袋井市内
新型コロナウイルス増殖の抑制効果が確認された5―ALA
新型コロナウイルス増殖の抑制効果が確認された5―ALA
 製薬会社ネオファーマジャパンの袋井工場(袋井市久能)で製造しているアミノ酸「5-アミノレブリン酸(5-ALA)」に、新型コロナウイルス増殖の抑制効果があることが24日までに、先進的な感染症研究で知られる長崎大(長崎市)の基礎研究で確認された。新型コロナの新たな治療法確立につながることが期待されるとし、同大が臨床研究に乗り出した。袋井の技術がコロナ対策に一役買う可能性が出てきた。
 5-ALAは、動植物の体内で作り出されていて、生命活動を維持する上で重要な役割を担っている。同社によると、袋井工場は世界で唯一5-ALAの大量生産が可能な施設で、医薬品やサプリメント、化粧品の原料などとして利用が進む。
 創薬研究に取り組む同大大学院熱帯医学・グローバルヘルス研究科長の北潔教授は、5-ALAを使ったマラリアの治療薬開発を進めている。研究過程でさまざまな感染症への治療効果が期待できると判明し、新型コロナへの効果研究にも着手した。
 第1段階の細胞試験では、一定濃度以上の5-ALAを加えると感染を完全に抑えることが判明。臨床研究は軽症・中等症の患者に投与して症状の改善やPCR検査で検出されるウイルス量などを検証する。一定の効果を確認した段階で治験に進み、国の認可取得を目指す。
 北教授は同社が5-ALAを健康食品などの原料として大量生産していることに注目。「安全性が既に確保されている上に安定した大量供給が可能。(治療薬として認められれば)社会・経済にも多大な効果が期待できる」と強調する。
 同社は5ーALAに関する知識や技術を生かし、今回の研究をサポートする。宇野哲二工場長は「袋井から、コロナ患者を救う可能性を秘めた治療法が発信できるかもしれない。誇らしく思う」と話した。
 <メモ>5-アミノレブリン酸(5-ALA) 日本酒や納豆などの発酵食品に多く含まれているアミノ酸。ミトコンドリアが、活動に必要なエネルギーを作り出すために不可欠な物質で、36億年前の地球上の生命誕生にも関わっていたと考えられることから“生命の根源物質”とも呼ばれる。長崎大は国内外でも有数の感染症研究拠点として評価されていて、5-ALAを活用し、マラリアの治療薬開発や、ミトコンドリア糖尿病の臨床研究などにも取り組んでいる。

四国中央市も頑張ってます

  • 2021/01/03(日) 08:11:53

16097153650.jpeg



四国中央市も色々考えてる〜。


後から税金で徴収されると思うと〜。

でも緊急事態。

これで飲食店が少しでも救われるなら。

良い事です。