FC2ブログ

ステーキ

  • 2011/12/23(金) 09:34:23


本日の夕食のメニューは、じゃが芋とナスの煮物、お魚、ステーキ、野菜ゴロゴロすいとん汁、山芋、キャベツの酢の物です。

冬至

  • 2011/12/22(木) 11:06:34


本日の夕食のメニューは、カボチャと切り昆布の煮物、お魚、カツオのたたき、豚のスペアリブ、茶碗蒸し、お味噌汁です。

鉄板ナポリタン

  • 2011/12/21(水) 11:43:42


本日の夕食のメニューは、インゲンの卵とじと竹の子の煮物、お魚、ジャークチキン、鉄板イタリアン、梅根、お味噌汁です。

iPSで作った肝細胞、世界初発売へ

  • 2011/12/20(火) 10:57:29

 あらゆる種類の細胞に変化できるiPS細胞(新型万能細胞)から作った肝臓の細胞を、バイオ企業「リプロセル」(横浜市)が来春、世界で初めて発売する。
 新薬の副作用検査で利用する製薬会社に向けたもので、現在輸入に頼っていた肝細胞が国内で入手できることになり、国内での新薬開発に大いに役立つと期待される。

 発売する肝細胞は、医薬基盤研究所(大阪府茨木市)が開発したもので、iPS細胞に3種類の遺伝子を組み込んで変化させた。価格は500万~1000万個の肝細胞に、培養液などをセットにして、20万~30万円の予定。
人体に投与された薬は最終的に、肝臓で分解される。この際にできた物質が副作用を起こす恐れがあり、新薬開発では、人の肝細胞を使った、安全性確認が必須となっている。

(2011年12月19日18時11分 読売新聞)

スンドゥブ

  • 2011/12/20(火) 09:42:36


本日の夕食のメニューは、イカと里芋の煮物、お魚、スンドゥブ、ササミのくずたたき、サツマイモのレモン煮、ほうれん草のシーザーサラダです。

味噌カツ

  • 2011/12/19(月) 09:24:36


本日の夕食のメニューは、おから、お魚、味噌カツ、ポトフ、春雨の酢の物、ヨーグルトケーキです。

短い紅葉

  • 2011/12/18(日) 08:59:52


小学校のイチョウの木は、毎年すばらしい色を見せてくれています。
でも、写真を撮って1週間後には、散ってしまっていました。
庭のモミジも綺麗に色付きましたが、これも真っ赤な色も1週間で散ってしまいました。
もっと長い事見たいのですが、桜の花と一緒で儚さが故美しいのかもしれません。

ウォシュレット

  • 2011/12/17(土) 09:39:43

時に「ウォシュレットありますか」と聞かれる事がありましたが、
「フロント横のトイレをご利用下さい。」と答えていました。

私自身、潔癖症ではありませんが、マイルドのお部屋のトイレは、熱いシャワーをかけて掃除をしてもらっていますし、自宅のウォシュレットは使えても、外では苦手で使えないので、お客様もホテルではどうかなぁ~と思っていたのですが、「あったらいいな」の声を受けて、防湿性のウォシュレットを数カ所付けました。
好評なら、随時増やしてく予定です。

お好み焼き

  • 2011/12/17(土) 09:06:04


本日の夕食のメニューは、肉じゃが、お魚、お好み焼き、鶏の香草焼き、白菜サラダ、お味噌汁です。

「焼酎かす」原料にみそ製造

  • 2011/12/16(金) 19:13:57

塗装工事業の西部環境プランは、焼酎を蒸留した後に出る「焼酎かす」(もろみ)を原料とする味噌の製造技術を開発した。もろみは2007年に海洋投棄が原則禁止され、 各焼酎メーカーは処理に苦慮している。
一方、味噌の原料である大豆も輸入価格が高止まりしている。

もろみの水分を60%まで減らした後、麦こうじと塩を混ぜて発酵させた。
実験では、もろみを使った味噌はセ氏5度で1ヶ月以上経っても品質に変化はない。

ネギトロ丼

  • 2011/12/16(金) 13:59:22


本日の夕食のメニューは、コンニャクと竹輪の土佐煮、お魚、ネギトロ丼、豚のショウガ焼き、ひじきサラダ、お味噌汁です。

アサリとベーコンのペペロンチーノ

  • 2011/12/15(木) 18:02:42


本日の夕食のメニューは、すき焼き風煮物、お魚、酢豚、アサリとベーコンのペペロンチーノ、レンコンのシーチキンマヨネーズ和え、玉子スープです。

17話 食生活について ①

  • 2011/12/14(水) 19:23:24

日々治療していて思うことですが 食生活の乱れが原因で病気を引き起こしている
方がいらっしゃいます。
あたりまえのことができていないよーな感じがします。
日常の臨床で指導している食生活の内容をご紹介いたします。

① 豆類や根菜類 海藻類(甲状腺疾患の人は避ける)を中心とした食事をこころがけて 味付けは薄味で塩分を
  控えめにしましょう。

② 旬のもので新鮮な野菜を摂ることが望ましい。

③ 小魚を多く採る。

④ 主食は玄米が望ましい。

⑤ 同じ食品に偏らないこと。

⑥ 量は少なめに良く噛むこと。

⑦ 不規則な食事と間食は肥満の原因になり、胃腸機能の低下をおこします。
   (三度の食事を規則正しく摂らず、最近は特に朝食が パン コーヒーの人が
   多いのですが 低血糖になりやすく、慢性的疾患に繫がり治療効果も挙がり
   にくいです。)
⑧ 動物性タンパク質 糖質 脂肪は体液を酸性にして 肥満 筋肉痛 神経痛
   骨折 免疫機能の低下(アレルギー疾患 感染症にかかりやすい) 
   自律神経失調等あらゆる病気にかかりやすい素地をつくります。

このように食生活の乱れもいろいろな疾患の下地をつくり 非常に重要なことなので 
少しずつでも改善していきませんか。


 参考文献        長野 潔 氏 鍼灸臨床 わが三十年の軌跡より

寒い冬がやってきました 冬を無事にすごせますように

今回は⑧項目をご紹介いたしました。 残り⑤項目を来年度1月1日に掲載
する予定です。 

ひざ痛に半月板再生

  • 2011/12/14(水) 15:16:37

 一度傷つくと再生が難しいひざの半月板を、自分のひざの滑膜(かつまく)という組織からとった幹細胞で再生させる治療法を、東京医科歯科大の関矢一郎教授(軟骨再生学)が開発し、来年4月にも臨床研究を始める。
半月板の損傷は、全国に2500万人という変形性膝(しつ)関節症につながる。歩きづらいひざの痛みに苦しむ患者には朗報。
半月板は関節軟骨に挟まれた軟骨組織で、クッションの役目をする。
加齢などですり切れると、手術で縫い合わせて補強したりするが、手術できない場合も多い。
症状が進めば、痛みをとるためにすねの骨を切って向きを変えたり人工関節を入れたりする。

新しい治療法では、患者のひざの状態を内視鏡で確認するとき、半月板の近くにある滑膜の一部を採取。2週間培養して増やした幹細胞を、注射器で半月板の損傷部に移植して再生させる。
同大で3年間で20人ほどの患者を対象に臨床研究を行ったあと、他の病院にも広げて臨床試験(治験)を行う。

なつかしオムレツ

  • 2011/12/14(水) 09:31:38


本日の夕食のメニューは、高野豆腐とナスの煮物、お魚、野菜炒め、昔懐かしオムレツ、甘い物リクエストでイチゴ大福、魚のつみれ汁です。