FC2ブログ

ありがたいお話

  • 2011/12/11(日) 07:10:33

昨日は、祖母の3回忌でした。
いつものお寺に行き、住職さんのありがたいお話がありました。
内容は、「徳」についてです。
人は「仁」他人への優しさが失われていっている。
そして「徳を積む」と言う事にも忘れてかけている。というものでした。

徳を積む事の一つとして、今話題の大王製紙の創業者の井川伊勢吉さんは、お寺に寄付をしたり、四国88カ所のお寺に手すりを付けたりしたそうです。勿論、このお寺にも良く顔を出していたそうです。
2代目井川高雄さんは、時々…。
3代目の井川意高さんは、お祖母さんの時に1度だけしか顔を出さなかったそうです。

そう言えば、創業者の奥さんは、今94歳ぐらいだったかなぁ~、車は運転手付きのセンチュリーですが、「日本でお世話になっているから、車は日本車しか乗りません」と言う事みたいですし、
有名な話は、大根など野菜の皮も捨てないでお味噌汁に使い、自宅の庭で野菜を栽培したりと、とても倹約家だという事です。
この気持ちがどこからか薄れてきた事はとても残念です。

今、マイルドでも「あしなが育英会」寄付していますが、昨日の話を聞くともっと徳を積まないと行けない気持ちになりました。
なかなか難しいですが…。
心が洗われました。
ありがとうございました。

合掌

スポンサーサイト