FC2ブログ

体外受精児を追跡調査へ 人工操作加えるほど体重増

  • 2011/12/28(水) 20:05:57


 体外受精で生まれた赤ちゃんの体重は、凍結保存など人工的な操作を加えるほど重くなることが、厚生労働省研究班の調査でわかった。遺伝子の働きを調整する仕組みに異常が出ている可能性もあり、将来、がんなどのリスクが高くならないか、15年間、数千人を対象に健康影響を調べていくことにしている。

 研究班(主任研究者=吉村泰典・慶応大教授)は2007~08年度に、体外受精により正常な週数で生まれた赤ちゃん約2万7千人の出生時の体重を調べた。

 その結果、受精卵をそのまま子宮に戻した場合は平均3003グラムだったが、受精卵を胚盤胞(はいばんほう)という段階まで体外で培養すると3025グラム、凍結保存すると3070グラム、体外で培養し、凍結保存した後に戻した場合は3108グラムと、受精卵に操作を加えるほど重くなっていた。凍結保存した場合は、正常な週数で生まれた平均体重3060グラムよりも重く、いずれも統計的に有意な差があった。これらの操作は、妊娠率を高めるために行われるようになった。

2011年12月24日3時6分 朝日新聞

スポンサーサイト



ポークジンジャーサラダ

  • 2011/12/28(水) 09:34:15


本日の夕食のメニューは、アスパラと豆腐の中華炒め煮、お魚、カルボナーラ、ポークジンジャーサラダ、胡瓜と中華クラゲの酢の物、お味噌汁です。