FC2ブログ

57話 脾臓からの信号

  • 2013/09/30(月) 19:43:53

朝夜 肌寒くなってきました。

今回も、前回から引き続き脾臓からの信号です。

どういった症状が、「脾」の異常として現れるかをご紹介いたします。

口や唇の異常  
唇に乾燥、唇の端(口角)が切れる、口内炎、虫歯、歯ぐきから出血

胃の異常 
げっぷ、つばが多い、吐き気、おう吐、食べ過ぎ、消化不良、胃もたれ、痛み

腹の異常 
横腹が痛い、へそに動悸、水状の下痢、ガスがたまる

血・生殖器の異常 
キレ痔、貧血、月経量多い、おりもの、生理痛、子宮下垂

皮膚のできもの 
じんましん、帯状疱疹、にきび

これらの異常がある場合は、脾の調節が必要な場合いが多いです。

脾の働きを活性化させるためには、「養生訓」で有名な貝原益軒は、次のように言いました。

脾胃が好む食べ物
温かいもの、やわらかいもの、よく熱したもの、ねばりのないもの、薄味で軽いもの、煮えたてのもの
清潔なもの、新鮮なもの、香りのよいもの、性質のよいもの、味のかたよらないもの

脾胃をいたわる食べ物
消化の良い温かい料理を食べる、冷えすぎていないものを食べる、ゆっくり食べる、味わいながら食べる、
様々なものを少しずつ食べる

脾胃が嫌う食べ物
冷たいもの、硬いもの、粘り気のあるもの、不潔なもの、臭いもの、生煮えのもの、煮すぎたもの
煮て長くおいたもの、果実の未熟なもの、ふるくなって味のかわったもの、五味の偏ったもの 脂肪分が多い

脾胃を苦しめる食べ方
ガツガツと早食い、冷えたビールをいっきにガブ飲み、冷たいものを沢山食べる、脂肪分たっぷりのもの
濃い味のもの、偏ったものを食べる。


このように食事からも症状が出ることがありますので、これからの食欲の秋、くれぐれも気をつけてください。

次回、肺からの声です。 10月中頃を予定しています。 お祭り、運動会、文化祭等、楽しんでください。

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する