FC2ブログ

健康づくりの為の睡眠指針⑧-3

  • 2015/05/09(土) 17:25:14

ゴールデンウィークも終わり、生活リズムを少しづつ戻していかなければなりません。
今回も前回に続き、睡眠指針8条の3です。

睡眠不足が蓄積すると回復に時間がかかります

健康成人を対象にした研究では、6~7 日間睡眠不足が続くと、その後3 日間、十分な睡眠時間を確保しても、日中の作業能率は十分に回復しないことが示されています。

日本では、平日の睡眠不足を補うために、週末に睡眠をまとめてとる「寝だめ」をする人が存在します。

「寝だめ」は作業効率の改善のためには、ある程度有効であることがいくつかの介入研究で示されてはいるが, これらの結果は、睡眠不足が続いて蓄積されると、「寝だめ」だけでは睡眠不足に伴う作業能率の回復には不十分であることを示しています。

また、週末の過度の寝すぎは、逆に夜間の睡眠を妨げて、月曜日や火曜日の日中の眠気や疲労につながる可能性があることにも注意が必要である。

睡眠不足による疲労の蓄積を防ぐためには、毎日十分な睡眠時間の確保に努めることが大切であるとされています。

仕事、勉強の効率を上げるためには、睡眠が凄く大切です。 生活リズムを見直しながら、心地よく生活できるように、工夫してみましょう。

参考文献 厚生省 「健康づくりの為の睡眠指針」


スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する