FC2ブログ

17話 食生活について ①

  • 2011/12/14(水) 19:23:24

日々治療していて思うことですが 食生活の乱れが原因で病気を引き起こしている
方がいらっしゃいます。
あたりまえのことができていないよーな感じがします。
日常の臨床で指導している食生活の内容をご紹介いたします。

① 豆類や根菜類 海藻類(甲状腺疾患の人は避ける)を中心とした食事をこころがけて 味付けは薄味で塩分を
  控えめにしましょう。

② 旬のもので新鮮な野菜を摂ることが望ましい。

③ 小魚を多く採る。

④ 主食は玄米が望ましい。

⑤ 同じ食品に偏らないこと。

⑥ 量は少なめに良く噛むこと。

⑦ 不規則な食事と間食は肥満の原因になり、胃腸機能の低下をおこします。
   (三度の食事を規則正しく摂らず、最近は特に朝食が パン コーヒーの人が
   多いのですが 低血糖になりやすく、慢性的疾患に繫がり治療効果も挙がり
   にくいです。)
⑧ 動物性タンパク質 糖質 脂肪は体液を酸性にして 肥満 筋肉痛 神経痛
   骨折 免疫機能の低下(アレルギー疾患 感染症にかかりやすい) 
   自律神経失調等あらゆる病気にかかりやすい素地をつくります。

このように食生活の乱れもいろいろな疾患の下地をつくり 非常に重要なことなので 
少しずつでも改善していきませんか。


 参考文献        長野 潔 氏 鍼灸臨床 わが三十年の軌跡より

寒い冬がやってきました 冬を無事にすごせますように

今回は⑧項目をご紹介いたしました。 残り⑤項目を来年度1月1日に掲載
する予定です。 

スポンサーサイト



この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する