FC2ブログ

カニ殻再利用:分解酵素の結晶化目指し宇宙実験へ

  • 2011/12/31(土) 19:37:50

カニ殻の成分のキチンを分解する酵素を無重力下で結晶化する実験が来月、国際宇宙ステーションで始まる。福井県立大などの計画が採用された。酵素の構造解析を目指すという。

 カニ殻は、畑にまくと、分解されて肥料になる。同大の研究者が分解酵素を発見したが、地上では結晶化が難しく、構造は未解明。構造が分かれば、酵素を改良して分解力アップも夢ではない。

 「越前がに」で知られる福井県はカニ殻の大量排出地でもある。酵素の研究が実を結び、カニ殻から商品開発できた日には、関係者が両手でVサイン?【安藤大介】

毎日新聞 2011年12月31日 9時49分(最終更新 12月31日 12時19分)

スポンサーサイト



この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する